FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1試合 対妖怪チーム

○出場メンバー
 ねこズ      初戦    システム オーソドックス(最も基本的な陣形)
11 人形     11 妖精
10 パチェ    10 妖精    DF小悪魔、MFパチュリー、FW美鈴の軸で
 9 美鈴     9 妖精   ボールを回し得点するのが理想形。人形には
 8 人形     8 妖精   サイドからの揺さぶり、前線への運搬、
 7 人形     7 妖精   センタリングなどに期待したい。
 6 人形     6 妖精
 5 人形     5 妖精    妖怪チームは格下ではあるが唯一名前ありの
 4 小悪魔     4 妖精  GK斉藤に注意。他はスペルのない人形勢なので、
 3 人形     3 妖精  フィールドで圧倒して次の試合への材料を拾うのが
 2 人形     2 妖精  とりあえずの目的。大量得点も予想されている。
 GK GK    GK 斉藤

○試合経過
 前半開始早々の2分、小悪魔のパスを受けたパチュリーは、センターライン付近からいきなりのロイヤルフレア。妖怪斉藤はこれを奇襲と思ったようで反応が遅れる。1-0。
 11分にもパチュリーは6番人形からパスを受け、再びセンターライン付近からロイヤルフレア。これもゴールとして2-0。
 17分には美鈴が7番人形とワンツー。このリターンをセンタリングの代用として美鈴ヘディング。競り合ったシュートながら美鈴の軽快な動きが勝った。3-0。
 21分、25分にも美鈴シュートのチャンスがあったが、これは決められず。「チャンスの後にピンチあり」のセオリー通りになるが、27分に妖怪6番のパスを妖怪11番がスルー。GKの転倒を狙われ妖怪10番が決めた。3-1。
 しかし「ピンチの後にチャンスあり」もまた真なり。30分にまた美鈴と7番人形のワンツーからヘディング。ポストに当たるが7番人形がねじこみでゴールし、4-1と3点差に戻して前半を終えた。

 後半5分、7番人形からボールを受けたパチュリーは本日3発目のロイヤルフレア。多少近くなったがパチュリーのシュートに慣れてきた妖怪斉藤がキャッチした。
 11分、6番人形から美鈴がヘディング。前もってパチュリーがスルーしていたため、妖怪斉藤は止められなかった。5-1。
19分には三度目となる美鈴と7番人形のワンツー。美鈴のボレーシュートはまたもポストに阻まれるが、7番人形のねじこみが決まった。6-1。
20分からはパチュリーがドリブル4人抜きを披露するが、5人抜き挑戦中の27分にまさかの喘息発症。5人抜きは失敗した。スコアは6-1のまま試合終了した。

○監督インタビュー
―快勝でしたね。
監督「頑張ってくれたのはありがたいこと。でも、カウンターに対する脆さなど不安材料もあります。まあ、今後の課題も拾えたという意味では理想的な試合だったのかな」
―パチュリー選手の喘息が気にかかるところですが。
監督「今応急処置をしているところです。もともと言い出したら聞かない性格のようなので、無理にプレイを止めることは私にもできませんよ(苦笑)彼女の負担を少しでも軽くすることが私の役割です」
―能力が未知数だった人形勢はいかがでしたか。
監督「いや見事でしたよ。7番の2ゴールは特に注目されていますが、それぞれが自分の役割をわかっていて、チームプレイがきちんとできあっているのには吃驚しました」
―今後の展開について一言。
監督「キャッツのサッカーはまだ始まったばかり。途上の状態ですので今後の発展に注目してもらいたいですね」

○個人評価
美鈴 8点 フィールドを縦横無尽に駆け抜け、5シュート2ゴール2アシストと攻撃の要
7番人形 8点 美鈴との息の合ったプレイで2ゴール1アシストと人形勢一番の活躍
パチュリー 7点 序盤のロイヤルフレア2発の迫力は見事だが、終盤の息切れが痛かった
6番人形 7点 2アシストと守備での活躍はチームを陰から支えていた
スポンサーサイト

テーマ : 東方Project
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

skullwakow

Author:skullwakow
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。