FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15試合 対花映塚連合

○出場メンバー
  ねこズ     花映塚       システム Vフォーム(攻撃重視の陣形)
11 美鈴     11 小町
10 パチェ    10 VIVIT    今度はDF萃香が欠場。しかしなりふり構わない
 9 うどんげ   9 文     攻撃重視のシステム。小悪魔をサイドに、DFには
 8 小悪魔    8 裁判官  妹紅を起用する変則オーダーを組んできた。
 7 台湾人形  7 幽香
 6 人形     6 裁判官    花映塚連合のフィールダーは全員キャッツとの
 5 霊夢      5 メディスン 試合経験がある。GKはキャッツDFで活躍している
 4 人形     4 ザナドゥ  萃香が登場。萃香のGKは初挑戦だが、キャッツの
 3 チルノ    3 裁判官  攻撃を知り尽くしたメンバーは脅威であろう。
 2 妹紅     2 裁判官
 GK 大妖精   GK 萃香    なお、この試合は35分ハーフで行われる。

○試合経過
 花映塚のキックオフ。4分、VIVITがドリブルから放つフォーミュラシュートは、今回復帰の大妖精が冴えたキャッチ。7分にパチュリーがお返しに放った、ドリブルからのロイヤルフレアはパンチ。11分8番裁判官とのワンツーから出したVIVITのボレーも大妖精はローリングセーブでキャッチと魅せる。
 今までは攻撃するパチュリーの背中を見てきた萃香がここで立ちはだかる。パチュリーは14分美鈴のパスから賢者の石、15分うどんげのパスからロイヤルフレア、17分には小悪魔のパスから台湾人形のスルーを挟んでサイレントセレナとフルコースを披露するが、萃香はすべて止めた。特にサイレントセレナは自身吹き飛ばされながらもCKに持ち込む奮闘ぶり。
 19分のCKは妹紅がフジヤマヴォルケイノで直接狙うがこれまで止めた。再びCKとなるが、同じ手は使えないと判断したパチュリーは美鈴にアシスト。その美鈴はヘディングで勝負するがこれも入らない。萃香が倒せないことにシュートを打ったパチュリーと妹紅は激昂。傍から見ていた霊夢まで苛立っていた。一方の花映塚も萃香に応えられなかったVIVITが士気を上げていた。
 もう手がない状態のキャッツは一旦守りに入る。30分、6番裁判官のパスからメディスンがボレー。しかし大妖精も萃香に負けずにCKに持ち込む。CKはザナドゥから小町に渡し、32分ヒガンルトゥール。大妖精のローリングセーブは鋭く、これも見事にキャッチした。
 互いの好セーブが引き締まった展開を作ったまま前半はロスタイム。パチュリーはうどんげのパスから賢者の石2発目(スペルシュートは5発目)という恐るべき執念を見せて萃香を吹き飛ばすが、不運のポスト。しかし美鈴がねじ込みゴール。長い長い0-0状態はここで破られて前半を終える。

 キャッツの火付け役パチュリーは後半欠場。(5 霊夢→人形 10 パチェ→霊夢)しかしキャッツの士気は落ちない。4分、美鈴がドリブルから伝家の宝刀飛竜の拳。2番裁判官、浄頗梨審判使用のザナドゥ、メディスン、VIVIT、萃香と5人とネットをぶち抜いてゴール。
 花映塚はメディスンが煽り、VIVITがパスを出し、小町が応えて7分にヘディング。疲れの見え始めた大妖精はポストに救われた。キャッツは11分、うどんげがドリブルからルナティックレッドアイズで反撃とするが防がれる。ここで後半攻撃の先頭に立った霊夢が萃香を抜いてシュートを決め3-0。最近はドリブルも冴えている霊夢がキャッツのダブルエースとして美技を披露した。
 パチュリーを退けた以上はキャッツの好きにさせたくない花映塚。16分、幽香が8番裁判官とワンツーをしてボレーを強く撃ち込むが大妖精は防いでCK。18分には小町がドリブルからヒガンルトゥール。霊夢、小悪魔、5番人形、4番人形と吹き飛ばしたが大妖精はこれもCKにした。「ならばこれはどうか」と19分にザナドゥはCK直接のラストジャッジメント。審判チーム戦では大妖精の守るゴールを唯一割ったシュートで勝負するが、今日の大妖精にはツキもある。大妖精は飛ばされたがポストに当たり決まらない。
 ザナドゥと小町が発奮するなかで21分、チルノのクリアーをカットした幽香がダブルスパークで襲う。これもポストという不運にめげず、ザナドゥがVIVITのワンツーからボレー。とうとう力尽きた大妖精を突くことに成功し、3-1。
 29分には4番人形のパスからうどんげがルナティックレッドアイズ→パンチ→美鈴ヘディング→パンチ→うどんげヘディングと仕掛けるが萃香は守り切る。フィールダーも疲れたとみたザナドゥは32分、4番人形からカットしてラストジャッジメント。6番人形、4番人形、妹紅、大妖精とふっ飛ばして3-2と追いすがる。しかしロスタイムに入ったところで文がスルーに失敗し、詰めを誤った花映塚は3-2のまま敗れた。

○監督インタビュー
―キャッツ15本、花映塚連合も10本。すさまじいシュート数だったッス。
監督「それでこのスコアですからね。特に前半は双方GKがよく止めていましたよ。私が言うのもどうかと思いますが、全員が力を出し尽くした見事な試合でした」
―一方でキャッツ名物のカットは3回と少なかったッスね。
監督「それだけ萃香の穴が大きかったということでしょう。今回は妹紅を下げて代わりにしましたけど、やはりタイプが違いますね。試合展開まで変えられてしまいました」
―後半パチュリー選手が欠場しましたが、存在感十分だったッス。
監督「前半あれだけ動けばガス欠にもなりますよ(笑)後半は応援をしているところを見ていましたが、パチェがサッカーに熱を入れているのがよくわかりました」
―前回は延長、今回もスレスレの勝利。キャッツの勝負強さを見せつけられられたッス。
監督「もう簡単には勝たせてくれませんね(笑)文々。新聞でもずいぶん派手に書かれるようになりましたからね。好きで接戦にしているわけではありませんけど、キャッツのサッカーはエンタテイメント。これからも魅せていきます」

○個人評価
美鈴 8点 前半ロスタイムのねじ込みと後半早々の飛竜の拳。試合中盤の主役
大妖精 8点 終盤はガス欠に陥ったが、試合の3/4を無失点で乗り切った
パチュリー 7点 前半のみ、ノーゴールだが、スペルシュート5発で火力のアピールには成功
霊夢 7点 GKを抜いたゴールは決勝点。シュート乱打のなか1-1の決定率が見事

追記アリ
「サッカーはエンタテイメント」うp主はヴァンフォーレ甲府ファンです。大木武前監督の信条をお借りしました。今年はすんでのところまで行きましたけどJ1昇格ならず。惜しかった…
スポンサーサイト

テーマ : 東方Project
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

skullwakow

Author:skullwakow
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。