FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12試合 対毒の華

○出場メンバー
  ねこズ      毒の華     システム ダブルシャドー(サイド重視の陣形)
11 美鈴     11 妖精
10 パチェ    10 メディスン  前回のトワイライトスパーク乱発によりGK大妖精が
 9 うどんげ   9 妖精    欠場。守備の鍵は5試合ぶりの出場となる香港人形と
 8 霊夢     8 アリス   チルノ。監督「DFチルノは奇策じゃありません。適性を
 7 台湾人形  7 ありす   考えての判断です」
 6 萃香     6 妖精
 5 小悪魔    5 妖精     火力の充実しているキャッツに対し、毒の華の火力
 4 チルノ    4 妖精    は10番メディスンが頼り。しかし人形使いアリスは
 3 人形     3 妖精    今大会屈指のテクニシャン。多彩な個人技にコンビ技も
 2 人形     2 妖精    あり、キャッツにはパワーに加えブレインが求められる。
GK 香港人形  GK GK

○試合経過
 毒の華のキックオフ。序盤はお互いに探り合いをしている様子。6分、うどんげのマインドシェーカーに対し、毒の華3番妖精がだんまくを仕掛けた反則のFK以外は、カットの応酬となり双方チャンスが作れない。
 試合が動いたのは13分、パチュリーがドリブルからロイヤルフレア。力押しで優位に立つキャッツがネットを破る先取点。
 毒の華はすぐに反撃に出た。メディスンがガシングガーデンとワンツーを駆使し15分にポイズンドール。香港人形は身を挺してセーブしたものの転倒してしまった。毒の華は11番妖精と9番妖精の連続スルーで香港人形が起き上がる隙を与えず、18分に再びポイズンドール。お膳立てが整った状態で、3番人形と香港人形を飛ばし火力も十分。計算しつくされた攻撃で1-1の同点。
 火力が頼りのチームが試合をする場合は「取られたら取り返す」のが基本。萃香がミッシングパワーでメディスンのガシングガーデンを破ると、前線の美鈴にパス。距離を詰めてから飛竜の拳で5番妖精とGKを吹き飛ばして2-1。
 ここからはキャッツが波状攻撃に入る。27分、うどんげがドリブルからルナティックレッドアイズ。これはポスト。GKが倒れた隙を逃さず、台湾人形が受け取りシュート。これはキャッチされた。ロスタイムには美鈴→台湾人形スルー→霊夢夢想封印のコンボで攻めかかるが、またポストに嫌われた。ところが美鈴はこれをねじ込んでゴール。2点差で前半を折り返すことに成功した。

 前半の流れを引き継ぎたいキャッツは後半5分、3番人形のカットとパスから美鈴ヘディング。しかしGKはこの速攻に対し落ち着いてキャッチ。とすれば、チャンスは毒の華。アリスは個人技でフィールダーを抜くと、7分にドールズ・ウォー・ポイズン。力負けしていたチームに喝を入れる一撃はネットを破り3-2。
 毒の華のメンバーは士気が上がった。3番妖精が7分、マインドシェーカー使いのうどんげからカットするとありすにパス。サイドから角度を直して撃った、赤の魔法を決めて同点まで追いついた。
 今日のキャッツは「即座に反撃」が合言葉。台湾人形がワンツー併用でサイドを駆け上がると美鈴にパス。美鈴は13分、ドリブルからシュート。スペルシュートではなかったが、強烈なシュートはネットを破るのに十分な強さを持っていた。4-3。
 毒の華も食らいつく。5番人形からパスを受けたありすはドリブルから16分に赤の魔法。香港人形を吹き飛ばしてまた同点。
 キャッツは台湾人形得意のライン際のドリブルから、霊夢の中継を挟み21分、パチュリーの賢者の石。GKを飛ばし、ネットを破り5-4と4回目の勝ち越し。勝負を決めるのはやはりキャプテンだった。
 キャッツはなおも攻勢に出る。25分、うどんげから美鈴ヘディング。26分、台湾人形が霊夢とのワンツーから倒れたGKを狙いヘディング。しかしいずれも防がれた。1点を争う展開にメディスンや霊夢などは興奮してしまった。
 29分、アリスが攻撃の起点となり同点を狙う位置までボールを持ち込んだが、チルノのコールドディヴィニティーでチャンスを潰す。結局5-4と1点差を守り切り試合終了。

○監督インタビュー
―1点差が重い試合でしたね。
監督「双方に執念がありましたね。熱くなる選手が続出するのもうなずけます」
―波状攻撃や点の取り合いなど、短い時間でいろいろ見られた忙しい試合でした。
監督「確かに最近のサッカーって流れが変わるとその後の展開が早いんですよね。一つのミスがその流れを作ってしまうことがあるので油断はできませんでした」
―今後の課題もいろいろ拾えたのではないでしょうか。
監督「そうですねえ。テクニシャンの養成、GKの転倒対策、スルーの活用法と問題は山積みです。でも『キャッツはまだ進化できる』と楽観視していますけどね」
―キャッツには「技より力」という印象を感じますが。
監督「いやいや、今回のゴールはすべて違う決め方です。テクニックのポテンシャルは高いんですよ。後はこれをどう引き出すかということです」

○個人評価
美鈴 9点 飛竜の拳、ねじ込み、通常シュートも強烈。この大会2度目のハットトリック
パチュリー 8点 ロイヤルフレアで先制、賢者の石で決勝点。始まりも終わりもパチュリー
台湾人形 7点 ゴールやアシストの記録はないが、絶妙なドリブルとパスは高評価
萃香 7点 3回のカット。前線へのキラーパスはアシストにこそならなかったが「鬼の一撃」
チルノ 7点 見せ場は終盤のみだが、延長のピンチに出たクリアーは「あたい千金」
スポンサーサイト

テーマ : 東方Project
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

skullwakow

Author:skullwakow
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。