FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10試合 対西行寺快食の友

○出場メンバー
  ねこズ      西行寺     システム ダイヤモンド(4-3-3の陣形)
11 うどんげ   11 妖夢
10 パチェ    10 VIVIT      フォーメーションはダイヤモンド。前線、中盤、守備と
 9 霊夢     9 バケバケ   役割をはっきり分けた。監督「美鈴はミラクルキックで
 8 美鈴     8 幽々子    カットにも期待できるので中盤に下げた」とのこと。
 7 台湾人形  7 バケバケ
 6 小悪魔    6 バケバケ    西行寺快食の友もフォーメーションはダイヤモンド。
 5 人形      5 バケバケ   名ありの選手は対キャッツの試合ではこれまで最多の
 4 萃香     4 バケバケ   6名。しかもその6名全員がキャッツとの試合を経験済。
 3 人形     3 リリーW    攻守それぞれに役者が揃い、接戦が予想される。
 2 人形     2 レティ
GK 大妖精   GK リリーB    なお、この試合は35分ハーフで行われる。

○試合経過
 キャッツのキックオフ。まずはマインドシェーカー併用のドリブルで抜けたうどんげが、5分にルナティックレッドアイズ。これは今回GKのリリーBが分身セービングで鋭くキャッチ。カウンターで7分の西行寺は妖夢の速いドリブルから未来永劫斬。キャッツはポストに救われる。ポストの跳ね返りを取ったのはVIVIT。8分、VIVITのグランドツーリングに萃香はミッシングパワーで対抗するが抜かれる。しかしグランドツーリングでは大妖精までは抜けなかった。
 再びキャッツのターン。次は12分、ドリブルで抜けたパチュリーがロイヤルフレア。しかし再びリリーBの分身セービングに阻まれる。このこぼれ球を小悪魔と幽々子が取り合うが小悪魔の勝ち。美鈴がフォローして攻撃は続く。13分、リリーBが倒れているところへ美鈴は容赦なく飛竜の拳を放つ。リリーW、幽々子、西行寺4番バケバケ、さらにリリーBまで吹き飛ばしたが不運のポスト。跳ね返りはVIVITが取り、キャッツのターンは終了。
 そのVIVITはドリブルで抜けながらなぜか後方の幽々子にパスを出すが、これが白玉劇場開幕の合図だった。幽々子は16分、3番人形、うどんげ、2番人形と3人抜き。しかし美鈴のミラクルキックは抜けなかった。その美鈴からパスを受け取ったのは霊夢。一旦小悪魔を挟んで21分夢想封印・瞬。ところがリリーBはこれも防いでしまった。
 CKとなったキャッツはパチュリーがロイヤルフレアで直接狙いにかかる。SGGK並みの好セーブを続けるリリーBはこの奇襲に敗れ、22分でようやく1点が入った。
 ここからが真の白玉劇場開幕だった。23分~27分、幽々子は、ゴールできずに激昂した霊夢を皮切りに、パチュリー、うどんげ、小悪魔、2度目の霊夢と5人抜き。美鈴のミラクルキックはVIVITとのワンツーでかわし、リターンを狙った萃香のミッシングパワーはトラップで抜く。幽々子は合計7人抜いた。しかしシュートにスペルカードを用意できず、大妖精のキャッチで得点はできなかった。
 キャッツは大妖精から台湾人形にボールを回すが、中継の萃香が狙われた。29分に幽々子はゴーストバタフライで乙らせるとそのままシュート。キャッツは幽々子がスペルシュートを使わないことで助けられた。西行寺の猛攻は続き、VIVITが萃香に競り勝つと、ボールは西行寺6番バケバケに回り強烈なボレー。今度は5番人形が弾いた。それを取ったのはまたしても幽々子。その幽々子に美鈴は3度目のミラクルキック。幽々子を吹き飛ばすがボールは西行寺。32分、VIVITから妖夢が待宵反射衛星斬。とうとう出た渾身のスペルシュートは大妖精を吹き飛ばし、同点。
 前半ロスタイム、小悪魔からパチュリーのロイヤルフレア3発目。これはリリーBが防ぎCK。キッカーパチュリーは霊夢に回し至近距離の夢想封印・瞬。キャッツの2点目は鬼畜シュートだった。

 後半もうどんげが切り込み隊長。6分、マインドシェーカーでリリーBを抜きにかかるが失敗。次に幽々子のボールを奪った3番人形から霊夢が夢想封印。リリーBは分身セービングでこれも止めた。
 ここからカット合戦が始まる。11分に萃香が妖夢からミッシングパワーを決めると、13分にはレティがテーブルターニングで霊夢を吹き飛ばす。15分に幽々子がゴーストバタフライでパチュリーのワンツーを破ると、その幽々子は16分に美鈴のミラクルキックで抜かれる。レティが17分にアンデュレイションレイでパチュリーのトラップからボールを奪うが、3番人形のタックルに阻まれる。レティは19分にも霊夢のトラップをアンデュレイションレイで捕らえるが、うどんげのパスカットに敗れた。
 先にシュートにこぎつけたのはキャッツ。21分、レティからボールを奪いそのままドリブルしたうどんげがルナティックレッドアイズ。しかし火力が足りず、リリーBは鋭いキャッチ。西行寺も24分、こぼれ球から西行寺6番バケバケがボレーを放つが、大妖精はパンチングで防いだ。
 カット合戦の第二幕が始まった。27分にVIVITがパチュリーからパスカット。28分、負けじとそのVIVITから美鈴がミラクルキックでパスカット。30分、台湾人形からリリーWがパスカットとボールはめまぐるしく動く。
 今度は西行寺が抜けだした。33分、妖夢がドリブルから未来永劫斬。ミッシングパワー発動の萃香を吹き飛ばし、ローリングセーブ発動の大妖精まで飛ばしてゴール。前半の詰めも後半の詰めも決めたのは妖夢だった。
 後半もロスタイムで勝ち越しを争うことになった。ここで喘息持ちのパチュリーが意地を見せる。応えるように美鈴のミラクルキック。さらに台湾人形のフォローとパス。パチュリーはサイレントセレナを決め球に選んだが失敗。なおもキャッツは美鈴のパスカット、小悪魔のフォローとトップスピンパスでパチュリーは再度サイレントセレナ。倒れたリリーBではさすがに防ぎきれず、3-2でキャッツが勝ち越してロスタイム終了。

○監督インタビュー
―前半は互いに猛攻の接戦、後半はカット合戦。熱い試合でしたね。
監督「いい加減今回は疲れましたよ(笑)前半と後半でこれだけ展開が違うといろいろ考えてしまいますね」
―前後半ともにロスタイムでの勝ち越し。キャッツの執念が見えました。
監督「前半はもっと取りあう展開に見えたのですが、スコアには反映されませんでしたね。後半はとにかくもどかしい。私には『早く決めてくれ』と念じることしかできませんでした」
―最後に決めたのはやはりパチュリー選手。キャプテンへの信頼が伺えます。
監督「メンバー全員がそうですが、特に美鈴と小悪魔はパチェを信頼していることがよくわかりました。さすがは紅魔館、同じ屋根の下の住人は結束力が違いますね」
―西行寺快食の友も攻守にわたり厳しかったと思われますが、その点は?
監督「キャッツ攻略のためにいろいろ試しているのが見えますね。まあ、我々にとっては名誉なことです(苦笑)今後の対戦相手はさらに猛攻堅守を仕掛けてくるでしょうが、キャッツはそう簡単に負けませんよ」

○個人評価
パチュリー 9点 先制のCK直接、前半勝ち越しのアシスト、決勝点と全得点に絡む
霊夢 8点 前半ロスタイム、1回外した2度目の夢想封印・瞬で意地の勝ち越し
美鈴 8点 ミラクルキックが冴えわたり、カットは6回成功。脇役に徹した活躍
小悪魔 7点 前半幽々子と競り合い勝つ。決勝点に値千金のアシスト
3番人形 7点 幽々子、レティ、7番バケバケからカット3回。後半カット合戦の主役
大妖精 7点 VIVITのグランドツーリングも幽々子のシュートも防ぐ。妖夢以外は完封した
スポンサーサイト

テーマ : 東方Project
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

skullwakow

Author:skullwakow
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。