スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別企画 ヴワル・キャッツ首脳陣座談会

「伝統の幻想ブン屋」射命丸文は、最近幻想郷で流行している、サッカーの取材を始めた。
11戦全勝と好調で人気も上々のヴワル・キャッツへ直撃取材を敢行する。
「文々。新聞」のネタにするもよし、キャッツの対戦相手に売るもよし。
博麗神社に監督とパチュリーを呼び、座談会は始まった。

笑み6
―本日はようこそお越しくださいました。
霊夢「なんでウチでやるのよ。紅魔館でやればいいでしょ」
―実は監督さんから「紅魔館はちと勘弁して欲しい」との希望がありまして。
監督「あそこでは落ち着けなくてね。いつ誰が来るかわからないし(特に妹様が怖い…)」 
理由はこちら
―それに、キャッツでパチュリーさんと並び得点源の霊夢さんは外せませんので。
霊夢「わ、わかっているじゃない。ま、そういうことなら協力しないこともないわよ」

ゴール
アシスト

―まずは得点のデータから見てみましょう。パチュリーさんが23ゴール、霊夢さんが22ゴール。全員で65ゴールですから、お二人で2/3以上を取っています。
霊夢「1試合あたりなら私のほうが上ね」
監督「パチェと霊夢で2点ずつ、さらに美鈴も1点期待できるという計算ですね。東方サッカーが火力勝負なのがよくわかります」
―これがアシストになるとだいぶ変わります。ドリブルやCK直接等で入れた「なし」が11あるので54アシストですが、そのトップは10回の美鈴さんと台湾人形さんです。
パチュリー「私や霊夢の場合はシュートミスがアシスト扱いになる場合があるので、これが多いのはむしろ問題ね。美鈴はかなり下げた試合もあるから増えてくるのかな。それと台湾。フォーメーションを固定していないからいろいろな位置になるけどちゃんと結果が出ているのが見事ね」
―フォーメーションは毎回のように変わっていますが、それできちんと結果が出ているのは監督さんの手腕によるところが大きいですね。
監督「作戦は基本的にパチェが決めます。普段は図書館に籠るので熟考派と思いきや、臨機応変の判断にも優れていて助かります。私は『そうせい、そうせい』だけですよ(笑)」*1

2009-11-11_133615.png
レティ「れいむ~芋神様からもらったお芋ふかしたわよ~」
霊夢「レティ、気が利くじゃないの。早速いただきましょう」
レティ「あら、キャッツの監督さんとパチュリーさんね~」
―ちょうどいいところにいらっしゃいました。ここでレティさんも活躍しているDFに話題を移しましょう。

カット

これは①カットでボールを奪う ②カットまたはクリアーで味方がフォローする
の合計を集計したものです。
パチュリー「随分用意周到じゃないの」
―キャッツのカットがよく決まった試合が多かったので、あわてて集計しました。DFは得点にからみにくいため、こういうデータが取れたのは私にとっても収穫です。
監督「ウチのDFは萃香と小悪魔の二枚看板ということですね。カットを要所で決める二人は、対戦相手にとっては文字通り『鬼、悪魔』ですね(笑)」
霊夢「…。萃香は賑やかなのが好きだから最初はFW起用と思っていたけど、ミッシングパワーがあのように使えるとはね」
パチュリー「小悪魔はスペルカードなしでよく取ってくれているわね。初戦からの皆勤で、裏方だけどいい仕事をしてくれているわ」
―そうおっしゃるパチュリーさんは13回で4位ですね。3位の美鈴さんも15回ですから、お二人がユーティリティプレーヤーということがよくわかります。
レティ「私が出た試合で(第10試合)美鈴さんは6回もカットしてるのね~これだけチャンスを潰されたら勝てないわ~」
監督「ここは人形勢も頑張っていますね。特に3番は9試合で9回。『守備に定評がある』は伊達じゃないことが証明されました」

―最後に、選手をまとめる監督さんについてお聞きしたいのですが。
監督「私ですか?今のところは泰然と試合を見ているだけです(笑)勝っているときはパチェに任せています。負けたら私が責任を取ります。私にできることはそのくらいですよ」
パチェ「ちょっとだけ違うわ。負けたら責任を取るというのは『貴方にしかできないこと』よ」
霊夢「あらあら、ずいぶんお熱いこと」
―そういえば、監督とパチュリーさんの関係も気になるところです。
霊夢「入籍はいつかな~♪挙式には呼んでね~♪」
霊夢(遅い)
監督「違うんだよっ!」
パチェ「違うのよっ!」*2
監督「そう言うそこの二人も随分仲が良いようだが」
パチュリー「この二人はこういう関係よ」 たとえば*3
―明日の見出しは「キャッツ監督とキャプテンに熱愛発覚!くろまくみことWデート」で決まりですね。
4人「帰れ!」

射命丸「これは想像以上ね。どうしようかな?このネタ」

※追記に脚注と協力者の方を書いてあります。
*1幕末の長州藩主、毛利敬親(1819~1891)の口癖。司馬遼太郎「花神」に登場する。
*2庵野秀明監督作品「ふしぎの海のナディア」より、マリー「ふーふげんかしてるの?」に対するジャンとナディアの台詞。これが「新世紀エヴァンゲリオン」になると、トウジ「なんや、また夫婦ゲンカかいな」シンジ「違うよっ!」アスカ「違うわよっ!」と微妙に変わる。
*3うp主も「くろまくみこ普及委員会」委員です。こちらが本部

司会・構成:射命丸文
参考資料:Road to victory ~幻想郷タートルズ 栄光への軌跡~
(「東方野球in熱スタ2007」合同誌)書き手・描き手の方々 Thanks!
撮影協力:nyanta様、ムツイチ様、むぎ様 Thanks!
スポンサーサイト

テーマ : 東方Project
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初にしてしまったコメ返しとうp主口上

コメ返しです。

09/11/13 の方
 DFの評価方法って難しいですよね。
 外の世界のサッカーには「失点の8割はDFの責任」という言葉がありまして。失点の時ばかり戦犯扱いで注目されるのが何とも忍びなかったのです。
 サッカー漫画だと、DFが主役なのは「リベロの武田」くらいですかねぇ。その武田もオーバーラップに必殺シュートと、もはやDFではありません。(うp主、初期のにわのまこと作品も好物ですが)

 ところが、特に萃香とこぁがこれを払拭してくれる活躍をしてくれたのが、私がこのブログを書くきっかけになりました。ゲーム「キャプテン翼」シリーズも「東方サッカー」もプレイ経験はありませんが、派手なスペルシュートを陰から支える渋い活躍にしびれておりました。
 あと、私はもともと理系なので、ある種の分析マニアです(笑)

09/10/26 の方
 実は一回コメント返ししたのですが、私の不慣れでコメントごと削除してしまいました。まずはお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。(メールで文面は残っております)
 なお、リンクはさせていただいております。毎回楽しみにしております。

東方キャラは1ボス、2ボス、中ボスの「雑魚扱い」でも多くのファンが付くことは珍しくありません。二次創作主戦場のニコニコ動画でも人気の動画が目白押しです。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5809583 の紹介が参考になります。
中ボスには台詞がないので二次創作でいじりやすいというところもありますが。

>ネタバレの都合上
 ここをご覧になっているということは、ネタバレ最大のキモがバレバレでしょうが(笑)ぜひ注意しながら閲覧をよろしくお願いいたします。「きゃぱちゅ!」と当所は、走破モードに入ったら1話ずつ解禁が一番面白い展開だと思います。


 私はサッカーはプレーもプレイもしないトーシローですが(個人的に、スポーツは「プレー」ゲームは「プレイ」と使い分けています)「素人ゆえの勢い」だけで書き進めております。
 御二方もそうですけど、ミス等に気づかれた方は容赦なくご指摘くださいませ。(特にカウントミスが怖い…)こっそり自分で気づいたミスは、マイナーチェンジで修正しております。もちろんご指摘いただいたところはコメ返しの上修正いたしますので、よろしくお願いいたします。
プロフィール

skullwakow

Author:skullwakow
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。