スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログについて

現在ニコニコ動画で絶賛放映中のプレイ動画「きゃぱちゅ!」に試合短評をつけてみる計画。

註)このブログは東方Projectの二次創作「東方サッカー猛蹴伝」のプレイ動画「きゃぱちゅ!」の試合短評です。特に「東方サッカー猛蹴伝」の「走破モード」未プレイの方はネタバレになりますので閲覧にご注意ください。

構成は次の通り。
○出場メンバー
○試合短評
○監督インタビュー
○個人評価(空気キャラを吊るし上げるのが目的ではないので、活躍した選手のみ)

モデルは蒼楼~Endless reverie~の「ランバックオーバー!」とJ's GOALです。

※試合を追った見方
ブログは上に最新記事が出ます。下(古いもの)からご覧ください。全体記事は長いので、右枠の「カテゴリ」でご覧になりたい試合を絞ると面倒が少なくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 東方Project
ジャンル : ゲーム

第21試合 対真・紅魔郷

○出場メンバー
  ねこズ     紅魔郷   システム Vフォーム(攻撃重視の陣形)
11 霊夢      11 レミリア
10 パチェ    10 パチェ   キャッツはお得意のヴワルフォーム。
 9 魔理沙    9 フラン  メンバーもほとんど変わっていない。
 8 文       8 咲夜   今回欠場の小悪魔は「私がいないのを
 7 台湾人形   7 小悪魔  除けば、これがベストメンバー」と話す。
 6 美鈴      6 美鈴
 5 うどんげ   5 大妖精   紅魔郷チームはスカーレット姉妹を
 4 妹紅     4 チルノ  筆頭に、強力なシュートの使い手が
 3 チルノ    3 ルーミア 揃っている。キャッツ監督「ま、火力
 2 萃香     2 エリー  では負けませんよ」と怯まない。
GK 大妖精    GK 小悪魔  なお、この試合以降は35分ハーフ。

○試合経過
 キャッツのキックオフ。台湾がひきつけ文が中央を駆ける。ペナルティエリアぎりぎりのところで霊夢がパスを受け、3分に夢想封印・瞬で決める。しかしキャッツは1点のリードでは安心しない。紅魔郷の美鈴から魔理沙がスターダストレヴァリエでボールを奪うが、パスを受けたパチュリーは紅魔郷大妖精にスパイラルパスカット。その大妖精も萃香のミッシングパワーは抜けられなかった。次の役者は魔理沙。萃香からボールを受けると中央を走って8分、マスタースパーク。霊夢のシュートと同様、距離はあったがしっかりと決めて2-0.早い段階のリードに監督は「今日は順調なスタートだね」と上機嫌。一方で不機嫌なのは紅魔郷チルノ。吹っ飛ばされたのが原因でぶち切れてしまった。
 このまま黙って見てはいられない紅魔郷は、小悪魔のトップスピンパスからフランドールが11分スターボウブレイク。ネットを破るほどの一撃では、大妖精の気迫のこもったローリングセーブは及ばない。キャッツは1点を返された。続いて咲夜がミスディレクションを文に決めると、前線をかいくぐったボールはフランの元へ。16分に2発目のスターボウブレイク。しかし、同じシュートで二度決められたくない大妖精はキャッチした。
 大妖精はフィードも鋭かった。いきなり前線の魔理沙にボールが渡る。その魔理沙は強引なドリブルでDFを抜き去り、17分に2発目のマスタースパーク。1発目よりさらに威力が増していたようで、GK小悪魔は吹っ飛ばされ、ネットは破られた。3-1と再びリードを2点にした。キャッツのターンはまだ続く。咲夜から萃香がミッシングパワーを決めると、パチュリーのパスから霊夢が24分夢想天生。今度は距離も短くとったので無理なく決められた。4-1。
 次に紅魔郷はパチュリーが攻める。ドリブルでDFをかわして28分ロイヤルフレア。萃香が威力を弱めたこともあり、GK大妖精は弾いてCKにした。しかし待っていたのはパチュリーの直接ロイヤルフレア。これが決まってスコアは4-2。
 前半終了が近いキャッツはパワープレイに走る。サイド台湾が大妖精を吹っ飛ばす強力なパスで魔理沙に繋ぐと、魔理沙は強引な弾幕避けでGK小悪魔の眼前に迫る。だが、GKまでは抜けなかった。カウンター攻撃にはレミリア。不夜城レッドで突進してからロスタイムにマスターオブレッドサン。GK大妖精は吹っ飛んたがここでまさかのポスト。チャンスを逃した紅魔郷は2点の差をつけられて前半を終える。

 後半が始まってもキャッツは快調に飛ばしていく。パチュリーが紅魔郷パチュリーからタックルでボールを奪うと、そのまま長躯して魔理沙にパス。魔理沙は6分、ブレイジングスターで勝負をかけるが、小悪魔にはキャッチされた。このままカウンターでフランがDFを抜けていくが、突如後方へパス。その隙をパチュリーは逃さずにカットし、魔理沙がフォローした。その魔理沙は強引なドリブルで迫るが、咲夜のだんまくで止められる。
 これでリズムが狂ったのか、以降、キャッツの攻撃は単調になる。パチュリーのフリーキックを受けた魔理沙のブレイジングスターはDFチルノに弾かれ、続けざまに撃った霊夢の夢想封印もGK小悪魔に弾かれる。カウンター攻撃をそろそろ決めたい紅魔郷はレミリアが走る。15分のマスターオブレッドサンを無理なく決めて4-3。レミリアはさらに燃え上がる。
 全体の士気が上がった紅魔郷。咲夜が美鈴からパスカットを決めると、ドリブルと前線フランへのロングフィード。フランは本日3発目のスターボウブレイクを放つが、萃香のミッシングパワーとチルノの顔面アイシクルフォールに止められる。こぼれ球は妹紅が受け取り、サイドの台湾に散らす。台湾は得意のライン際のドリブルから霊夢へクロス。霊夢は巫女サマーソルトで応えて5-3とまたリードを2点に広げた。
 この後はカットの応酬。パチュリーが紅魔郷パチュリーからタックルを決めると、大妖精はそこにスパイラルパスカット。今度は文が咲夜からパスカットすると、意地でも止めたい紅魔郷はエリーがだんまく。ここで攻撃のリズムを切られたキャッツはパチュリーが咲夜の鋭利なパスカットに敗れる。咲夜はそのまま多彩な技で前進し、ロスタイムに入ったところで殺人ドール。紅魔郷は三度1点差に詰め寄った。
 ここで霊夢がとどめを刺す。最後に放った夢想天生は試合終了間際ではあったが、苦し紛れの一撃などではなかった。この「ネオ夢想天生」はゴールまで威力を減衰させることなく届かせた。6-4と紅魔郷の希望ごと打ち砕いて試合終了。

○監督インタビュー
―終始リードを保った上でのゲーム。キャッツの貫録が感じられます。
監督「とりあえず一度もリードされずに試合を終わらせたのですから、最近の試合に比べれば楽にみられましたね。当然、紅魔郷さんもあきらめずに攻めているのはわかりましたが」
―今日はパチュリー選手のゴールがありませんでした。
監督「喘息を押して今までゴールしてきましたからね。フル出場させてから言うのもどうかと思いますけど、休ませる必要があったんですよ」
―その分、霊夢選手と魔理沙選手が派手に決めてくれました。
監督「それがあったらこそ、パチェは中盤で活躍できたんです。パチェが前線に出るときは霊夢と魔理沙が中盤を固めてくれる。役割をわきまえているサッカーができましたね」
―私のことも忘れないでくださいね☆
監督「忘れるわけがない(笑)誰を主役にするかなんてことはあらかじめ決めることじゃないよ。監督は誰もが主役になれるチームを作るものだからね」


○個人評価
霊夢 9点 すべて違う決め方でゴール4
魔理沙 8点 ゴール2。ドリブルもシュートも力技が冴えた
萃香 7点 ミッシングパワーが炸裂。スターボウブレイクはチルノと止めた
パチュリー 7点 紅魔郷パチュリーを封じ、今日は補助に徹した
大妖精 7点 吹っ飛ばされながらの守備やロングフィードなどで活躍
台湾人形 7点 強力なパス、絶妙なドリブルとクロスを披露

テーマ : 東方Project
ジャンル : ゲーム

プロフィール

skullwakow

Author:skullwakow
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。