スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18試合 対博麗家

○出場メンバー
  ねこズ      博麗家     システム ツートップ(3-5-2の陣形)

11 文       11 バケバケ
10 パチェ    10 霊夢      得点源の一角・霊夢を欠いたキャッツ。
 9 うどんげ   9 バケバケ   代わりの文とうどんげに対し、監督「前線
 8 妹紅      8 ミコ      は美鈴と迷いましたが、パワーから距離を
 7 台湾人形  7 バケバケ    置いた布陣も試したくて」とやや苦しい。
 6 美鈴      6 バケバケ
 5 小悪魔    5 バケバケ   その霊夢が敵方のエースとなるのは
 4 萃香     4 玄爺     さすがに痛い。ハクレイノミコにも十分な
 3 人形     3 バケバケ  火力があるので、この二人をしっかり抑えて
 2 チルノ    2 バケバケ  いかないと危険なチームである。
GK 大妖精   GK GK

○試合経過
 博麗家のキックオフ。しかしその出鼻は妹紅がくじいた。前半2分、正直者の死でボールを奪取。その勢いのまま6分、左サイドを駆け上がった美鈴からうどんげがヘディング。しかし警戒されているキャッツは、通常シュートでは入らなくなってきた。GKはパンチで防ぐ。ならば本日もう一人のトップ、文が拾って風神一扇。この素早い対応に、倒れたGKでは及ばない。ネットを破り1-0。
 博麗家の攻撃は10分、霊夢からミコへ博麗アミュレットが渡る。そのミコはヘディング。GK大妖精鋭利な回転でキャッチした。セービングは今日も冴えている。
 久々のゴールで調子の乗ってきた文は14分、風神少女でGKを抜きにかかるが失敗しCK。キッカーパチュリーはならばもう一度文にと、あえて外したCKで文にボールを出し勝負。文は風神一扇をPA外から撃つがGKがキャッチ。彼女はどうやら天狗になっていたようだ。そのカウンターで9番バケバケが野放しになってしまった。9番バケバケの慎重な判断で霊夢にボールは回ってきたがここでまた妹紅が正直者の死。博麗家はなかなか攻められない。
 攻撃機をさらにもらったキャッツは右サイドを駆け上がった台湾人形からパチュリーが25分にロイヤルフレア。左(美鈴→文)に対する右(台湾人形→パチュリー)が機能して1点を追加した。
 妹紅に封じられた霊夢を使えない博麗家。30分、11番バケバケが6番バケバケのワンツーを駆使し、至近距離のヘディングで大妖精に挑む。果敢な攻撃だったがこれは不運のポスト。しかしこのシュートは無駄ではなかった。妹紅を振り切った霊夢がねじ込んで2-1。
 前半ロスタイムの主役はうどんげ。マインドシェーカーによるドリブル中央突破は9番・6番・だんまく使い霊夢・だんまく使い玄爺の4人抜き。ただしGK抜きは失敗。その後も競り合いで攻めかかるがその途中で前半終了。

 後半、霊夢とキャッツ初試合の魔理沙が投入された。(11 文→魔理沙 9 うどんげ→霊夢 以下、キャッツ霊夢はキ霊夢、博麗家霊夢は博霊夢と表記)派手な功名を上げたい魔理沙は3分、強引な弾幕避けで博霊夢を抜きにかかるが失敗。これをフォローしたのは妹紅。パスカットからボールを守りきることは6番バケバケにはできなかった。その妹紅は気持ちを汲んでいたのだろう、前線の魔理沙にパス。距離を詰めた魔理沙は5分にマスタースパーク。前回敵方として大妖精を散々吹っ飛ばした力技は今回も健在。GKを難なく吹っ飛ばして3-1。
 次の博霊夢を封じるのはやはり妹紅。中央ガラ空きのキ霊夢にボールを送る。そのキ霊夢は魔理沙との「東方コンビ」で息の合ったワンツーを披露するとその勢いで11分、今日文もうどんげもできなかったGK抜きでゴール。4-1として大勢をほぼ決した。続いて萃香のカットを起点にして魔理沙→美鈴とつないだら、18分パチュリーが賢者の石。キャプテンを主張するのに十分な一撃でキャッツはさらに1点増やした。
 キャッツの役者はまだいる。21分チルノが7番バケバケからカット。そのボールを受けた魔理沙は強引な弾幕避けで2番バケバケ抜きに失敗するが、25分またもチルノ。6番バケバケからタックルで奪った。ここで今日キャッツの総仕上げは霊夢が務める。28分、新技「夢想天生」を初公開。玄爺とGKを軽々吹き飛ばし6-1とした。
 一矢報いたい博麗家は霊夢が中盤で動こうとするが結局妹紅。万策尽きた博麗家を尻目に魔理沙がロスタイム、東方コンビからブレイジングスターで貪欲に狙うがこれはキャッチ。そのまま6-1で試合終了。

○監督インタビュー
―今日は出演者が多い試合でしたね。
監督「魔理沙の新加入で物理的に1人多いからなんですけどね(笑)そういう冗談は抜きにしても、それぞれが役割を心得た、オーケストラ演奏のような試合でしたね」
―守備では妹紅選手の博霊夢封じが見事でした。
監督「タイプの違いはありますが、二枚看板ということでは前回の試合に似ていて対策が立てやすかったのはあります。霊夢が敵方ということで少々動揺もありましたが、選手の体はきちんと覚えていましたね」
―夢想天生により攻撃力もアップしましたが。
監督「まだ1度しか見ていないシュートには性急な判断ですが、そこは期待できるとみています。とはいえ、対戦相手はさらにきつくなるでしょうから、攻撃力上昇は必須の課題です」
―魔理沙選手の加入でさらにキャッツの攻撃に厚みが加わりました。
監督「少々ミスが目立ちますけど、あの力技はチームメイトに勇気を与えてくれますね。チーム熟成を取るか、荒削りなままがよいのかはちょっと迷います。彼女が今後どうなるかも見物ですね」

○個人評価
パチュリー 8点 ゴール2。少ないチャンスの中でも精度の高い結果
キ霊夢 8点 GK抜きと新技で攻撃の花形を今日はすべて持っていった
妹紅 8点 カット5回、うち博霊夢から4回。博霊夢キラーとして攻撃機を増やした
魔理沙 7点 ドリブルミスが気になるが、マスタースパークの迫力は十分
文 7点 得点への嗅覚は十分。しかしドリブル癖が課題か
スポンサーサイト

テーマ : 東方Project
ジャンル : ゲーム

プロフィール

skullwakow

Author:skullwakow
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。