スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例大祭オフレポ

註)モロ内ネタです。

-例大祭直前の某IRCチャットにて
浅木原忍氏(サークル「Rhythm Five」主宰)「誰か、当日うちの手伝いをしてほしいんだけど」
私の思惑(お、例大祭はカタログを買わないと入れないんだった。これはカタログ代が浮くぞ。それにオレ、行列嫌いだからな…行列を避けるのにも役立つ。何よりサークル参加は未経験だから貴重な体験ができるぞ)
私「あ、私やります」
かくして、skullは「第7回博麗神社例大祭」にサークル「Rhythm Five」で参加が決定したのであった。

3/13(土)例大祭前日野球オフ

 私は古翠さん、審判さん(本人から「こう呼んでくれ」と言われた)と一緒に電車に乗る。私は朝に比較的強いのでどうということはなかったが、遠方から夜行バスで参加した人や徹夜してきた人はつらそうだった。というわけで、神宮球場軟式グラウンドに7:00集合。
 私はスコアラー、といっても、スコアブックなど持っていないため、テケトーにメモを取る程度のものだった。
 試合内容は選手の方々のHPやブログをご参照ください(ぉぃ

 午後からは新宿でカラオケ。夜に入るまでの長丁場。(あれ、野球より長いぞ…)メンバーの性格上、東方やアニソンがメインだが、私は昭和歌謡で押し切った。
 しかしその歌に花を添えるのは、翌日の練習を兼ねたコスプレだった。
ガン者危機
(まるく。さんに襲われるガン者の図)
※参加者は全員男性です

 後は食事をしながら翌日の作戦会議。カラオケの途中で浅木原さん、食事の途中で竹峰さんが登場。二人とも北海道から参戦。浅木原さんは「電車のトラブルで飛行機に乗り遅れた」竹峰さんは「弘前(ガン者の住処)でサークルチケットを忘れたのに気付き、一度引き返した」とのこと。

3/14(日) 例大祭当日

 前日と同じ時刻に駅に集合。浅木原さんもここで一緒の予定だったが、彼は長旅の疲れの色が濃く、古翠さんの電話で起きることになった。東京ビッグサイトではさすがの人混みだったが、サークル参加ということもあり、コミケ等に比べればずっと楽だった。
 着いたらまずは売り場の準備。続いて協力者や知り合いの方とのごあいさつ。それを終えた10:00に開場!
 参加者の方々はターゲットを絞って売り場を襲撃するので、午前中はひたすら被弾。でも午後に入るとそれは終わるので、売り場は古ぼけた古本屋のようになった。
 その間に某IRCチャットのメンバーをはじめとするターゲットにごあいさつ。最大の収穫は「きゃぱちゅ!」の作者SINYAさんにあって新作をいただいたこと。
うそねこさんのとこや麦畑さんそらみんのとこが完売していたのに驚愕。うそねこさんは関係者ということで作品をいただいたけど、麦畑さん・そらみんのとこは買えなかったのがちと残念。
 当然終了時刻には撤収。この時の私の感想。

「本って、重いね」

 なにせ「Rhythm Five」一番の目玉は「B5サイズ200ページ超」という同人誌ではとんでもない分量。コレ↓
banner2.jpg
(主要同人ショップにて委託販売されてます まだ購入されていない方はヨロシク!)
 こんなのを数十冊単位で運搬すれば体がつらくなるのは当然。「本屋の店員には腰痛が多い」とはよく聞くが、よおくわかりました。本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 東方Project
ジャンル : ゲーム

プロフィール

skullwakow

Author:skullwakow
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。